芸能・エンタメNews

ドラマやアニメ、時事ネタなどを定期的に更新しています!

芸能・エンタメNewsはこちら

【豆知識】iPhoneをApple以外で修理を出す際の店選びの注意点 これで騙されないで済む!

スポンサーリンク
iPhone関連

iPhoneが壊れてしまってすぐに直したい・・・

でもAppleに問い合わせたら

『事前に予約が必要でかつお持ちのデータに関しては無くなります』

との回答が。
仕方なく他のiPhone修理店を探すと色んなお店が検索であがってきます。

これってApple以外で直して大丈夫なの?

と思われた方は多いと思います。

正直、中には悪徳業者もあって修理したら直るどころか、電源がつかなくなったという声も実際にはあります。

そこでApple以外でiPhoneを修理に出す際の注意点などをいくつか記載したいと思います。
もし、お持ちのiPhoneが壊れてしまっても決してあせらず、悪徳業者で修理する事がないよう参考になればと思います。

スポンサーリンク

iPhoneをApple以外で修理に出す際の注意点

本来、iPhoneはApple社で製作しているのでまずはAppleに持ち込むのが正道なのですが、実際はいくつかデメリットも存在するので、今日中にiPhoneを修理したいという方はApple以外の修理店に持ち込む方はかなり多いと思います。

なので非正規店に持ち込む場合のメリット、デメリットを簡単に説明します。

非正規店で修理する際のメリット

メリット一覧

・お店や修理内容にもよるが、画面修理などは即日で直る
・正規店では細かい箇所の修理は行っていないが、非正規店では色んな箇所の修理が可能
・確実ではないがAppleと違い、中のデータは消えない
・値段が格安

一番のメリットとして挙げられるのが【即日修理】してくれるという点です。
やはり壊れてしまったら、すぐ直してもらいたいですよね。


そしてAppleに修理を出す際には、事前にデータ消して修理を行うという規則があります。
なので修理から戻ってきた時にはiPhoneの中のデータは無くなっています。
ここに関しては、もし壊れてしまったiPhoneがある程度画面操作が可能であれば、修理に出す前にiCloudにてバックアップを取る事も可能です。

そしてAppleでの修理は割と高額な場合が多いのですが(AppleCareなど保証があっても)非正規店ではかなり格安で修理する事が可能です。

非正規店で修理する際のデメリット

デメリット一覧

・修理で使用するパーツは純正パーツではなくコピー品
・非正規店で一度でも修理してしまうと、AppleCareなどの保証が今後受けられなくなる
・あまり評判が良くないお店では修理後、不具合が起こる場合がある

いくら即日で修理できるとは言っても、当然デメリットも存在します。

純正パーツとコピー品の違いについてですが、修理を行ってきた私からしてみれば、正直あまり違いはありません。
昔のコピー品の品質はかなり悪かったようですが、現在では純正パーツとほぼ変わりなく使用出来ると言っていいでしょう。

そしてここがポイントなのですが、【お店選び】はかなり慎重に選ぶ必要があるでしょう。
現在はApple以外のiPhone修理店(非正規店)は多く存在し、それだけこの日本でiPhoneを持っている人が多いことを証明しています。
当然、各修理店は利益を上げなければならないのであまり評判が良くないお店などは、仕入れるパーツの品質を下げ、格安で仕入れ、それをお客の修理に使用します。
それ故に修理後のiPhoneの不具合が出てくる可能性が高くなります。

当然、修理に出したお客はクレームという形で修理したお店に文句を言いますが、事前に修理に出す際に書かされている【修理同意書】の免責部分などでそれをうまく回避してきます。

そうするとほぼ泣き寝入りをするしかありません。

ただここに関しては本当にお店選びで回避できる部分ではあるので、次はお店選びのポイントについて説明します。

iPhone修理店選びのコツ

ここではiPhoneをApple以外で修理に出す際のお店選びのポイントについて説明します。

口コミでの評判


Googleの検索エンジンで検索をかけると、このようにページの上部にお店の場所のマップとそのお店に関する口コミなどが書かれているページが出てきます。

これはそのお店で修理した人が残したメッセージで参考になるかと思います。

一概にこの口コミ等を鵜呑みには出来ませんが(お店側でサクラを使って口コミを増やしている場合もあります)ある程度の参考にはあるかと思います。

ここでの評判があまり良くない口コミばかりであればそのお店はやめた方が良いでしょう。


そしてこのGoogle検索とは別に【iPhone修理店のポータルサイト】も存在するのでそちらも一緒に平行して参考にするのが良いですね。

iPhone修理ポータルサイト【最安修理ドットコム】こちら

修理価格をわかりにくくしているお店はダメ!

これもよくある事例で後にクレームに発展する場合があるのですが、HP上での修理価格が記載していないまたは、わかりにくいようなお店は避けるべきでしょう。

例えばIphone修理が9,800円という表記があったとします。

当然それを見た人は9,800円で修理出来るものだと思って持ち込む訳ですが、なぜか修理後は15,800円。

なぜこの値段なのかお客が店員に訊くと、HPまたはお店の修理価格表の隅っこに

【表示修理代金とは別に工賃が発生します】

と記載がある場合があります。

この手法は表示価格は当然安く見えて集客には有効です。
お店側はやはり利益を出したいので、それ以外でなんとかお客から搾取出来ないかと考えます。
そこでこの手法が割と有効なんです。
iPhoneを壊してしまった人特にすぐに修理してもらいたい人などは、お店を調べる際、結構冷静さを欠いていて急いでネットで調べるわけですが、こういう文言を見落としてしまうケースもあります。

当然、修理後にこういう金額を請求されても実際にHPや店頭に小さく【別途工賃が発生します】などの表記を見落としてしまい、泣き寝入りをする場合もあるのでいお店の修理価格を見る際には、そういう文言がないかどうか必ずチェックしましょう。
そしてもしその表記があれば、そのお店はあまり良くないお店と言えるでしょう。

実際に修理した人がいたらその人に聞く

これはどの業界もそうですが、やはり実際そのお店で修理した事がある人に聞くというのも有効な手段と言えるでしょう。

これも口コミに近いですが、信ぴょう性は高いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本当はIphoneを壊さない事が一番なのですが、やはり回避出来ない予期せぬ事は起こるものです。

ですがもしPhoneが壊れてしまったら、あせらずAppleに出すにしても非正規店に出すにしても決してあせらずお店選びをしていければと思います。

iPhone関連
absolutezero121をフォローする
ナラコレ!
タイトルとURLをコピーしました